スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.04.15 Wednesday | - | - | -
虹の光
光輝く道を探し、歩き続けた。

その道は恐く、不安がいっぱい。

でも、何も考えずひたすら前に進む。

小さな光が私を照らし輝いていた。

その光に吸い込まれるかのように前へ前へ進み歩く。

私はその空いた扉を開き、一歩前。







2007.11.19 Monday | Poetry | comments(0) | trackbacks(0)
| top | >>